検索
  • kana

オーボンクリマのウェビナー終了しました♪


 「偉大なカリフォルニア生産者と繋がろう〜完結編〜」 . 本当に感激と達成感で終わった後しばらく動けませんでした。。。 . 店主と日本一のワインライター立花峰夫さんが最も尊敬する本当に素晴らしいピノの生産者、Jim Clendenenさんがゲストとして登場してくださいました。



.  立花さんが「Father of California Pinot Noir」とウェビナー中に彼のことを言いましたが、本当にその通りだと思います。 .  私と立花さんで「とにかく彼の人柄、やってきた事や彼の哲学が分かるようなことを存分に引き出して、私たちだからこそできるウェビナーをしよう」と熱く話しあって臨んだこのウェビナー。 . 40年前は「サンタマリアヴァレー」なんてワイン産地としてどころか、「そこどこ?」だった場所に、ピノ・ノワールの可能性を見出しそれ以来一生懸命にやってきたこと。 . 「今、注目のピノ・ノワール生産者は??」との問いかけにも彼らしい表現で素晴らしい次の世代のピノ・ノワール生産者を挙げてくださり、惜しみない賛辞を送っていたジム。

. 「あなたのワインは地球上で最も素晴らしいピノ・ノワールだと思うのだけど、とにかく値段が安い!もっと高くしたらもっとお金持ちになるのに、お金持ちになりたくないの?」・・・なんていう、実はめちゃくちゃ奥深い質問に対するジムの答えは、訳してる私が、心から感動するようなもので・・・・ . アンリジャイエから叩き込まれたその哲学を含めしっかりと伝えてくださいました。  .  そして、そして!! スーパーサプライズゲストの登場!娘のイザベルさんと息子のノックス君の二人が登場!! . 世界中で今やウェビナーが開催される中、オーボンクリマのジムも多くウェビナーに登場しているのを知っていましたが。3人全員がウェビナーに登場するのは、なんと、このイルドコリンヌ主催のウェビナーが初めて! とのことで。 . ノックス君は、ワイン関係で、ウェビナーに出るのすら初めてだそうで。 そして、突然、親子漫才のような面白いやりとりがスタート。笑ジム、すっごい嬉しそうで、お父さんの顔に。ww



. そして、コンラッドホテルのソムリエ、トミーこと富滿さんは、本人たちを目の前にして、「イザベル」と「ノックス」の両銘柄のテースティングコメントを披露するという、大役をしっかり果たしてくださいました。 . (終わった後のダイレクトメッセージに、「裏のボス、トミー」って言われてました。笑)

もう、本当に、今日のことはワイン人生の中で一生忘れられない思い出となりそうです。

.  終わった後、もう続々と参加してくださった方々からのありがたいたくさんのダイレクトメッセージに泣きそうになりました。 . 今回のウェビナーの申し込みは50名を超え、ワインはオーボンクリマのブルーラベル赤白を合わせて120本以上売れました。 . ワイナートの表紙を飾った3本のうちの最後がオーボンクリマで本当に良かった。この私たちがやったシリーズの完結編として最高にふさわしいワインでした。 . チームイルドコリンヌ、ウェビナー芸人が送る私たちにしかできないウェビナーだったと思います!←自画自賛。 . (えっと、通訳、途中でね、うん。助けてもらったけどさ。笑 みねおちゃん、ありがとう。ww) . ご参加くださいましたイルドコリンヌファンの皆様(←え?違う?)本当にありがとうございました。 また新しいウェビナーシリーズを企画しますので、また待っててくださいね!!



It was so much fun with Mr. Jim Clendenen 'Father of California Pinot Noir' on Zoom. And His daughter, Isabelle, and his son, Knox Alexander, showed up as Super surprised guests!!! Thank you very much!